大学受験勉強法マニュアルで独学で志望校合格へ その効果の理由

大学受験勉強法マニュアルで独学で志望校合格へ その効果の理由とは?

志望校に合格できる勉強はどう進めれば良いか?


毎日夜遅くまで机に向かって勉強している、塾や予備校にも通い、それこそ部活やスポーツをやめ、遊ぶのも我慢しているのになかなか成績がアップしない。こんな状況で悩んでいる受験生の方は少なくありません。


そんな受験生にどう勉強を進めれば良いかを具体的に教えてくれるのが、大学受験勉強法マニュアルです。 実際にこの勉強法を使って成績が急上昇して、見事志望校に合格を果たした先輩は多数います。


その効果の理由は何でしょう?


受験においてもっとも基本であり、合格のために必要な条件である、「あなた自身が試験本番で合格できる答案を書く力」です。


大学受験勉強法マニュアルでは、この力を養うことができます。それがこれまでに多くの受験生が成功してきた一番大きな理由です。そしてそのためには、「勉強したつもり」ではなく、「勉強したことが身に付く」ようにしなければなりません。勉強時間を割いて問題集や参考書に取り組んだり、塾や予備校に通っているのに、成績が上がらないというのは、「勉強したつもり」でいる状態が大きな原因と言えるでしょう。そしてそれは本人が認識していない場合が多いのです。


では、どのように「勉強したことが身に付く」ようにすれば良いのか?その答えが、大学受験勉強法マニュアルのなかにあります。


この教材の作成者である大平俊介さんも毎日夜中2時、3時まで1日14時間も勉強していたにも関わらず、現役時代志望校不合格でした。そして浪人時代に入り、試行錯誤して見つけた、大学受験合格のためのある秘訣によって成績が急上昇し、志望していた医学部に合格しています。


大平さんもまた現役時代は「勉強したつもり」だったのが、浪人時代にある秘訣を見つけ「自分で答案を作成する」ことができるようになりました。


具体的に大平さん自身が実践をした勉強法であるため、再現性の高いものになっています。そして、これは独自の方法であるため、参考書や問題集、塾や予備校では教えてもらえません。


いくら勉強しても合格できる答案を自分で作る実力をつけなければ、あなたの努力は砂上の楼閣(砂のうえに楼閣を作ろうとするので、いつまでも地盤沈下を起こして建てられない、という意味)です。この大学受験勉強法マニュアルは、砂上ではなく、しっかりとした固い土台に楼閣を作っていける、きっかけになるでしょう。